心と体

2013年2月18日 (月)

ワークライフバランス~不妊・流産のリスク

 暦の上では春ですが、今日は冷たい雨。このところ寒の戻りで陽春が恋しく感じられます。スギ花粉は鬱陶しいですが…

 このブログ、一か月以上も放置していました。書きたいことは沢山あるのに、ハッピーマンデーがあったり、週末にお出かけしたりすると、貴重な月・火のお休みに家事が押し寄せます。加えて、子供の耳鼻科通院のため早めにお迎えに行ったり、スキーに備えて買い物に行ったり、いつ壊れるかわからないノートPCのバックアップを数年ぶりにとったり、細々としたことであっという間に時間が過ぎて行きました。また、ツレアイの親戚はIT化が進んでおり、Facebookでお互いの近況を知ることができるので、ついブログの方が後回しになってしまいます…
 今日は外も雨だし、ツレアイは出張で帰ってこない(=夕食はいつもよりさらに手抜きで済ませる)ので、久々にキーボードを叩いている次第です。

ところで、近年、芸能人の方のおめでたのニュースを聞くたびに、年齢が気になってしまいます。

続きを読む "ワークライフバランス~不妊・流産のリスク" »

2012年11月26日 (月)

40代は怪我にご用心!?

 早いもので、もう11月の末。
年賀状の用意もまだだなぁ、子供のクリスマスプレゼントも入手できてないし、今年の目標だった電子ピアノもまだ購入してない、とやり残したことが気になり始めました。

 まだ振り返るには早いのですが、今年はなんといっても6月の足首の怪我による入院とギプス生活が大きな出来事でした。2008年の学位審査、妊娠、引越し、長男の誕生、2009年の母の逝去、2011年の引越し、と目の前のことをこなすのが精一杯だった日々を思い返し、変わりゆく自分の心身と向き合い、これから先を無事に過ごすにはどうすれば良いかを考える貴重な体験でした。

 ところで、昨年の秋からSNSのFacebookを始め、年賀状程度のお付き合いかそれ以下だった昔の友人から友達申請が来て近況を知るようになりました。その中の一人も、最近膝を強打してお皿を割って手術、入院しました。「30代だったら難なくできていたことに、体がついていかなかった」そうです。

 私の怪我は慣れない自転車通勤が元だったのですが、40代に入りどうも気持ちに体がついていかなくなっているようです。地方にいると歩行を含めた運動が不足していると痛感するのですが、都会でジムでせっせと汗を流しているはずの元同級生も足首を痛めたようだし、イタリア在住の元同級生からも「私も足をくじいてまだ腫れてる」というコメントがありました。同世代の芸人さん(いとうあさこさんは同窓でもあります…)がTVの収録で怪我!というニュースを見ると、やっぱり!と思います。

 怪我をおそれて体を動かさないでいると老けこみそうだし、かと言ってジムに通うのも面倒だし、最近ひそかにスクワット(というか四股踏み運動)をしています。三日坊主に終わらないためにも、ブログに書いてみました。どうか、今シーズンもスキーができますように!


 

2012年8月30日 (木)

女性ホルモンに翻弄されつつも、元気です!

 一か月も記事更新をサボっておりました。

 体調不良とかではなく、8月から毎週金曜日に鳥取県倉吉市での仕事を再開したため、平日に一人でPCに向かう時間が減ったことが原因です。テキストだけなら携帯電話で投稿できるのですが、孫の最近の写真が見られないとこぼす父のために、長男の夏休みレポートにしようと思っていたので…何とかデジカメからPCに写真のデータを移して☆をつけたものの、PCからココログにアップロードするには1MB以下に縮小しなければならず、ついつい億劫になり…
 さらに、先週末にガラケーからAndroid携帯に替えたので、今週はその設定に時間をとられてもいました。スマホからだとココログにアップロードする時、自動で写真のサイズを変えてくれるようなので、今後はデジカメの出番が減るかも知れません。

 それに、どうも最近PMS(月経前症候群)がきびしく、25日間のうち5-7日間は疲れやすくて段取りが悪く、使い物になりません。朝は起きられないし、夕食の支度やお風呂の準備、寝る支度も億劫で、寝るのも遅くなるという悪循環…ただただ、一日を無事終わらせるのが精一杯という日が続きます。(実は、6月に足を怪我した時もPMSの真っ最中だったので、「無事に過ごす」というのは大切な目標なのです!)目が疲れやすいから、PCや携帯電話を見るのも辛い。あー、黄体ホルモンが恨めしい!
 でも、ある日突然頭がすっきりしてくるから不思議。家族や職場の人には「今はそういう時期です」宣言してしまうのも良いそうですが、いつも過ぎた後に、「あ、昨日までのだるさはPMSだったんだ」と気づくから難しいです。疲労感は脳が勝手に作り出すものだとか。この暑さも悪さをしているかもしれませんね。

 私は、この期間は食欲亢進やむくみ、冷えも伴います。ずいぶん前の独身時代のことですが、姉と2人で冬の山奥の温泉に泊まった時のこと。窓の桟の内側に雪が積もったまま残っているほど寒いお部屋で、普段だったら持て余すほどの旅館の夕御飯を猛烈な勢いで平らげて姉に感心されましたが、月経前でした…
 月経前はむくんできつい結婚指輪が、数日経つとお風呂場でスルっと取れてしまい危うく失くす、ということが度々あり、最近はつけていません。先日、まだ足首がギプスで固められていた時、急に足が浮腫んできつくなり夜中に痛くて目が覚めてしまったことがあります。週末に入りすぐに巻き直してもらえなかったので、漢方の当帰芍薬散とプーアール茶でむくみをやわらげましたが、足の裏に水ぶくれができてしまいました。
 昨年までの数年間、ひどい咳に悩まされていましたが、実は月経の前後は体内でプロスタグランディンが増えるため、咳が出やすかったり、痛みに敏感になったりもしやすいのですよね。頭痛持ちではない私が、たまに頭が痛くなるのはたいていこの時期ですし、咽喉が痛くて風邪かな?と思ったり。

 まだ2人目の子供を完全にあきらめた訳ではないのですが、PMSの症状と妊娠初期の体調はよく似ているので、40歳をはるかに超えた心と体で耐えられるのか、臆病風に吹かれます。余計な心配をしなくても、今のところコウノトリさんが訪れる気配は無いのですが…

 まだまだ厳しい残暑が続きます。皆様も心と体をおだいじにお過ごし下さいませ(^^♪

2011年10月20日 (木)

風邪をひいてもお風呂に入ってもいい!

毎日、気持ちのいい秋晴れですね。田んぼも稲刈りが済んで、コープの無洗米にも新米が出てきました。朝晩は冷えますが、夕焼けがとてもきれい。個人的には、手指にあかぎれが出来てしみるようになり、水が冷たくなり空気が乾燥してきたのだなぁと実感します。

ところで、空気が冷たく乾燥して来ると増えるのが風邪です。外来でも風邪の患者さんが増えていますし、うちの長男も日曜から水っぱなが垂れ始め、火曜から鼻水が黄色くなり、治るかな?と思ったら、昨夕から微熱、夜中に咳が出たので、今日はお医者に連れて行きました。

続きを読む "風邪をひいてもお風呂に入ってもいい!" »

2011年8月 5日 (金)

熱中症にご注意!

先日、大学で所属していたスキー部のOB会の会合に出席するため、東京へ日帰りで行ってきました。

岡山駅から東京駅までのぞみで3時間半。最低でも30分毎に運行されているので、鳥取時代に比べるとかなり気が楽です。朝、ツレアイと子供がまだ寝ている家を後にして、同期生や先輩との再会を楽しみ、夜、ツレアイと子供が寝室に上がった後に帰宅。最高のリフレッシュになりました。忙しい中、協力してくれたツレアイに感謝ですm(__)m

ところで、7月から週に2日間、地元の病院で内科の外来診療を担当していますが、毎週、1人以上は「熱中症」の方が受診されます。

続きを読む "熱中症にご注意!" »

2011年6月30日 (木)

黄砂だけじゃなかった!

梅雨も終盤にさしかかったのか、毎日蒸し暑いですね。

意外に晴れた昼間は日陰で風に吹かれているとしのげますが、2階の寝室は窓を開けておいても夜の室温は35℃くらい。エアコンで冷やして寝付いても、明け方に湿度が上がると体中べたべたで寝苦しくて目が覚めてしまいます。特に2歳8カ月の長男は暑がりで…数日前に脱衣所で使っていた扇風機を寝室に移し、寝ている間は弱~くかけっ放しにしたところ、効果がありました。子供の頃は、子供部屋にエアコンは無く、扇風機は風の調節も効かず、タイマーもついていなかったけれど、何とか寝ていました。多分、母親が寝入った頃を見計らって消してくれていたのでしょうね。

ところで、6月26日(日)の日経新聞のサイエンス面に「大陸から越境大気汚染」という記事が載っていました。

続きを読む "黄砂だけじゃなかった!" »

2011年5月22日 (日)

「病気にならない体をつくる免疫力」を読んで

花粉も黄砂も一段落して、すがすがしい季節になりました。

鳥取まで通勤した時、いつもは人気の無い線路沿いの田んぼで農家の方々の姿を多く見かけました。山間地ではもう田植えが済み、平地でも田んぼに水を入れ始めているようです。平日に農作業されているのは高齢の方々がほとんどです。勤め先の病院でも、子供や孫に食べさせるお米や野菜を作られているお年寄りが沢山いらっしゃいます。

ところで、通勤時間を利用して「病気にならない体をつくる免疫力」 安保 徹著 を読みました。

続きを読む "「病気にならない体をつくる免疫力」を読んで" »

2011年4月30日 (土)

花粉症?それとも黄砂?

ここ数日、咳がよく出て、夕方には咳で疲れてぐったりです。朝起きた時には、色の薄い痰も出ます。気管支喘息用の吸入ステロイドと咳止めシロップが手放せません。

思えば昨年もGWの前後に夜中も起きるほどのひどい咳に悩まされ、家族にも迷惑をかけました。今年は3月中旬から目の痒みと鼻水に悩まされ、いよいよ花粉症を発症したかしらん!?と思い、勤務先の病院の眼科で抗アレルギー薬の点眼液を処方してもらいました。4月の下旬になり、目の痒みは落ち着いてきたのに咳がひどくなったのは、やはり黄砂が原因でしょうか。

首都圏に住んでいた時には気にしませんでしたが、鳥取に引っ越してから黄砂で車が薄黄色に汚れることに気付きました。岡山でも同様です。黄砂自体は古来からある現象で、「春霞」も黄砂のことであろう、という記事を新聞で見ましたが、近年は中国上空を通過するときに有害物質が付着して、健康に被害を与えるという説が一般的です。しかし、学会レベルでは大きく取り上げられることは少ないように思います。日本では、同じ時期に杉花粉も飛散するので、結膜炎だけなら花粉症として治療されるのでしょうね。黄砂は粒子が小さく下気道や皮膚の症状も出やすいので、黄砂が飛んだあとに咳や皮膚の調子が悪くなれば、黄砂の影響かもしれません。このブログを書くのに調べたら、気象庁が黄砂の観測データや予報を公開していました。

http://www.data.kishou.go.jp/obs-env/kosahp/kosa_table_2011.html

http://www.jma.go.jp/jp/kosafcst/

これからは、自分や患者さんの体調との関連を気にしていこうと思います。外で過ごすのにいい季節なのに、少し憂鬱な気分です。