« 「置かれた場所で咲きなさい」 を読んで | トップページ | 書き留めておきたい言葉~子育て編 »

2013年11月 1日 (金)

たかが美容院、されど美容院

先日、Facebookで「友達」になっている中学高校の同級生が、「実は天然パーマなんです」「あるがままの自分を受け入れられる年齢になりました」とウェーブのかかった髪型の写真をアップしていました。

私も天然パーマで、髪が広がり、また絡まって切れやすいので、ストレートパーマをかけたり、逆にソバージュにしたり、はたまた時短のためベリーショートにしたり、あれこれ悩んできました。
髪型が決まらないと鏡を見るたびに憂うつになるもの。
次々と美容院を替える方もいらっしゃるようですが、私は自分のくせ毛のことや髪型の好みをいちいち説明するのが嫌で、ずっと決まったところに通っています。

高校生の頃から子供が産まれる39歳までお世話になった美容師さんは高橋小夜子さん。
実は駆け出しの頃に父方の祖母がひいきにしていた美容師さんだったそうで、偶然お客になった姉の名字を見てちょっと変わった漢字なのでピンと来たとか。
そんなご縁も手伝い、20年以上のお付き合いでした。
無類の猫好きオバサンで、何時も猫と食べ物の話題で盛り上がってましたね…
渋谷近辺で移転を繰り返しながらお店を維持されてました。
今でも店頭にたたれているかしらん?
かなり昔の朝ドラで吉行淳之介さんのご母堂の美容師さんがモデルになり、市ヶ谷のお店でお馴染みさん相手に営業を続けていらっしゃると知ったとき、お婆ちゃんになった自分が高橋さんのお店に座っている姿を想像したものでした…


鳥取県に越したあとも帰京の折りに高橋さんのところに通い、出産直前には髪を洗うのも乾かすのも楽なようにショートヘアにしてもらいました。
身二つになってからは外出もままならず、産後二ヶ月半で鳥取に帰りました。

鳥取で知り合いに紹介してもらった美容院がYouYou河北店。自宅から車で数分と近いのが何よりでした。

その時担当してくれたのが実質店長の植田さん。推定20歳後半の金髪のお兄さんでした。
「ついに自分も年下の人に髪を切ってもらうようになったか…」と感慨にふけりました。

彼はカットが上手なだけでなく、私の頭皮が乾燥から炎症を起こしているのを指摘し、サロン仕様のシャンプーを薦めてくれました。
高橋さんのお店でシュワルツコフを買っていたのですが、泡立ちが悪いのが不満で普通のシャンプーを使っていました。
植田さんおすすめのTMTというシャンプーはよく泡立つし、髪もしっとり。しかも、ショートヘアならシャンプーだけで十分と、トリートメントは勧めません。
商売よりもお客さんを大事にする姿勢に好感度アップしました。
何時か独立して自分の店を持ちたいと言っていた彼の夢は実現したでしょうか…


岡山市に越したときは、知り合いもなく、インターネットの口コミサイトを見て、自宅近くの美容院Breezeを何となく選びました。

そこのスタイリストは私より3-4歳年下の上石さん。住宅街の中にお店を構えてまだ日が浅く、アシスタントも一人だけの小さなお店でした。

幸運なことに上石さんもカット技術がしっかりしていて、くせっ毛の私がパーマなしでショートやボブスタイルを維持できています。
TMTシャンプーが手に入らなくなって、岡山駅地下のSHOP INで買っていたナノアミノのシャンプーがお店で使われていたのも何かのご縁でしょうか。
(洗い流さないトリートメントはシュワルツコフのオイルを長年愛用中ですが。)


東京は選択肢がありすぎて、逆に新しい美容師さんを見付けられなかったのですが、地方に引っ越して小さな子供という制約ができたことで、偶然、相性の良い美容師さんに出会えたのは幸運でした。

母方の祖母は、1945年に戦争が終わったあと、乳飲み子だった叔父を背負って線路を歩いて、疎開先の会津から福島までパーマをあてに行ったとか。

たかが美容院、されど美容院なのです。

« 「置かれた場所で咲きなさい」 を読んで | トップページ | 書き留めておきたい言葉~子育て編 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574570/58492335

この記事へのトラックバック一覧です: たかが美容院、されど美容院:

« 「置かれた場所で咲きなさい」 を読んで | トップページ | 書き留めておきたい言葉~子育て編 »