« 親子三代ハワイ旅行~出発篇 | トップページ | 大往生したけりゃ医療とかかわるな 「自然死」のすすめ 中村仁一 を読んで »

2012年4月10日 (火)

親子三代ハワイ旅行~結婚式篇

 新年度になり、私の生活はかわらないものの、子供が保育園で進級したり、ツレアイも仕事モードに突入したりで、慌ただしくなりました。忘れないうちに、最初で最後の!?三世代ハワイ旅行の思い出を書き留めたいと思います。

 ハワイ2日目。前夜の就寝が1時を超えてしまい、やっと目覚めたのは9時過ぎでした。ハワイには四季が無い、とハワイ育ちのツレアイは言いますが、やはり日照時間の関係でしょうか。朝晩は風が肌寒いほどです。地上12階のコンドミニアムのお部屋でもエアコンではなくファンで外気を取り入れるだけで休めました。寝不足から風邪気味になった私は、余計に寒く感じたのかもしれませんが。

 この日のミッションは、海好きの長男をビーチに連れて行くことと、翌日の結婚式に備えて父と長男のアロハシャツを買いに行くこと。朝寝坊したので、まずは買い物を済ませることにして、グアバジュース、スパムとシリアル、コーヒーで簡単な朝食。前夜、寝ぼけ眼でWallmartで買った牛乳はバターミルク!とても飲める代物ではなく、階下の売店で改めて牛乳を買いました。

 父をMoana Surfriderの玄関で拾って巨大なAla Moana Shopping Centerへ向かいます。まずは1FのMakai Market Food Courtで父の朝食。長男は美味しいスムージーとフライドポテトをゴクゴクパクパク。よく食べるなぁ。

 アロハシャツを買うのは、ハワイをこよなく愛する義弟(といっても、我々より年上のヨーロッパ人です)おすすめの、Reyn's。 Ala Moana Shopping Centerの2階にあります。前回別の義弟の結婚式に来た時も、ツレアイのアロハをここで買いました。お値段は張りますが、洗濯の後アイロンをかけなくてもよれっとしませんし、クラシカルなデザインが素敵。父と長男のアロハを選び、ついでに今回は来られなかった姪達にお土産にするムームーも買います。買い物の間、長男はずーっとお店の中と外にいるツレアイの間を行ったり来たりして走り続けます。子供好きの店員さん達が温かく声をかけてくれるのがありがたかったです。ついに転んで泣きだした長男ですが、手の甲にお店のステッカーを貼ってもらったらうれしそう。Long's Drugで買い物をして、またFood Courtでお昼ごはんを食べて、ホテルへ帰りました。

 

20120323alamoanasc

 夕方から父のいるMona Surfriderの目の前のビーチで海水浴。ここは防波堤がないので結構波が荒く、引き波に足をとられそうになってちょっと怖い…でも、長男は満足気で上がる時もホテルのプールに入りたがるほど。父の部屋でシャワーを借り、夕飯は車で出かける元気もなく、ホテルのダイニングで取ることにしました。

 予約もなく、海に出かける時の適当な格好のまま格式を誇るホテルのダイニングに入るのは気が引けましたが、幸い遅い時間で屋内のテーブルにはお客はまばら。サービスも申し分なく、美味しいヒレと骨付きリブステーキを堪能しました。ホテルの別棟では日本人カップルの結婚披露パーティーが開かれていて、日本語の音楽やスピーチが流れてくるのは何とも不思議な感じでしたが…海道具と食べた分だけ重くなった長男を抱え、日頃の運動不足を痛感をしながら石畳を歩いてコンドミニアムまで歩いて帰りました。

 翌日はいよいよTammie&Georgeの結婚式。Wedding CeremonyはGeorgeの育ったKaneoheのPali View Baptist Churchで朝9時から行われました。道に迷いながらも何とか滑り込んだ教会は、住宅街の中のこじんまりとした教会。私は隣のKinder Gardenの滑り台やブランコなどの遊具で遊ぶ長男につきっきりだったので、Ceremonyは見られませんでしたが…

 そして、11時からはWikikiの東側、Fort De Russy Beach Parkに隣接したHale Koa Hotelの2階でRecptionが開かれました。丸テーブルの数29。招待客が二百数十人という、ハワイでも今どき珍しい大がかりなものでした。そもそも、新婦のお母さんのNancyさんと義母が親友とはいえ、ツレアイのみならず私の父まで快く列席させて下さったのですから…受付を済ませた人から着席して、Appetizerを取りながら待ち、新郎新婦が入場して写真撮影が終わったテーブルからメインのお食事を取りに行く立食スタイルでした。お昼、そして車での来場ということもあるのでしょうか、会場ではお酒は出ません。

 Georgeさんの親戚一同(従姉弟が13人いるとのこと!)が自作の歌を披露したり、新郎新婦の友人がユーモアたっぷりのスピーチをしたり、2人の生い立ちやなれそめを紹介するスライドショーがあったり、和やかで笑いが絶えないパーティーでした。(私は全てを理解できたわけではないのですが、会場の方々はどっと受けてました。)最後の方で2人の出会いや結婚を決めたエピソードなどに関するQuizが配られました。3-4択式でしたが、2人の初めてのデートは映画を観に行ったこと、GeorgeがTammieと結婚しようと決めたのは、体調が悪い時にチキンスープを作ってくれたから、などなど面白かった。最後にGeorgeがスピーチしてお開き。日本の結婚式のような引き出物はなく、ちょっとしたお菓子とテーブルに飾られたブーケがお土産。そのどちらも手作り。肩の凝らない、楽しい会でした。とにかく、Tammie&Georgeの末永いお幸せを祈ります!

Sfogolden_gate1

 

 

 

« 親子三代ハワイ旅行~出発篇 | トップページ | 大往生したけりゃ医療とかかわるな 「自然死」のすすめ 中村仁一 を読んで »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574570/54438413

この記事へのトラックバック一覧です: 親子三代ハワイ旅行~結婚式篇:

« 親子三代ハワイ旅行~出発篇 | トップページ | 大往生したけりゃ医療とかかわるな 「自然死」のすすめ 中村仁一 を読んで »