« 児島でGパンだに会いました | トップページ | 知っているようで知らない明治~司馬遼太郎「坂の上の雲」を読んで »

2011年5月31日 (火)

「病院ベッド抑制」の記事を読んで

昨日と今日は、岡山では貴重な梅雨の晴れ間でした。

洗濯はもちろん、窓を開け放って部屋の掃除、家の周りの落ち葉掃きなど、やることはいくらでもあります。ツレアイには「一日中家にいて何をしているかわからないけど・・・」と言われますが。

ところで、一昨日の5月29日の朝刊で気になる記事を読みました。日本経済新聞の第3面の”「病院ベッド、30万床抑制」 厚労省25年メド 入院日数も1/3削減”という見出しで始まる記事です。

それによると、厚生労働省が「社会保障と税の一体改革」に盛り込む病院改革の具体案が明らかになり、現在の130万床から2025年に170万床以上に増えるとみられる病院のベッド数を140万弱におさえる。現状で107万床の一般病床を、高度な医療を担う病床約25万床、一般の病床50万床、リハビリ用の病床40万床に分け、主に長期入院用の療養病床は現状の23万床に抑える。また平均入院日数を最大1/3ほど減らし、医療費を抑制する計画だということです。

2025年といえば、団塊の世代の方々が70代後半から80代に入り、医療や介護の必要性が増えてくる頃です。でも、病床を減らした受け皿については、この記事では何のコメントもありません。

入院治療で元気になられ、自宅へ戻られる方はいいのです。でも、今勤めている内科系の病院で長く入院されている方々は、肺炎や脱水状態で入院され、点滴で命はとりとめたものの肺炎を繰り返して口からご飯が食べられないような方々です。脳卒中も初回の発作では軽い麻痺でリハビリで日常生活ができるようになっても、繰り返すうちに寝たきりになられる方が多いです。介護老人養護施設や介護老人保健施設では、健康保険による診療ができないし看護師の数も限られているため、容体が悪化すると病院へ入院されることが多いのです。

また、救急病院の平均入院日数を現在の平均13日から9日へ短縮とありますが、患者さんが良くなって退院する姿を見ることなく、転院先の確保や転院の説得、紹介状作成に追われる現場の医療関係者の疲労について思いを巡らせてしまいます。

日本の高齢者は、将来への不安が大きく資産を消費に回さないと言われます。さらに不安をあおるような政策が、いつの間にか厚生労働省で作り上げられることに失望してしまいます。

でも、これからは自分の体のこと、やがて迎える死のことを病院に任せず、自分で決める時代がやって来るのかもしれません。そんなことを考えさせる書籍を目にすることが増えました。そのうちご紹介したいと思います。

« 児島でGパンだに会いました | トップページ | 知っているようで知らない明治~司馬遼太郎「坂の上の雲」を読んで »

医療・介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574570/51817775

この記事へのトラックバック一覧です: 「病院ベッド抑制」の記事を読んで:

« 児島でGパンだに会いました | トップページ | 知っているようで知らない明治~司馬遼太郎「坂の上の雲」を読んで »